・京都出張から3週間が経とうとしています。多くの方とお話しする機会を頂き、いろいろと学ぶ事がありました。一部の方には多大なご迷惑を掛けながらも故郷 群馬に戻ればやはり生きてゆかなければならないのですよ。・周りに迷惑を掛けなければ成立しない俺の人生。ならば俺は、自身に降りかかる困難や迷惑と思える事柄に腹を立ててはいけないし人を助けなければならないのです。・デパ地下のお土産売り場でレジトラブルが起き30分待たされ乗るはずの新幹線に乗れなくても、発注した道具を何回連絡しても忘れられ4ヶ月後に届いたとしても、工房に届くFAXの9割以上が全く必要のない営業だったたとしても、食事中にかます次男のおならが理不尽な程臭くても、俺は決して腹は立てない。・どういう訳か年配の方を手助けする事も多い。強風で垣根に倒れ込んでしまったおばあちゃんや、車椅子から離れ、公園のベンチ裏で倒れてしまったおじいちゃんにも手を貸すし、3秒に一歩しか進まないおばあちゃんを見つけて1.5キロ離れた自宅まで車で送り届けたりもする。いったいこのおばあちゃんは何時間かけてこのコンビニまで来たのだろうか?・ああ、愛しき人生。・そんな訳で情報解禁になったのでちょっとお知らせです。・Xmasの夜10時に群馬テレビさんにちょいと出演します。『技に迫る』という番組です。長寿番組の様で、県内で活躍されている職人さん達がこれまで多く出演されてきました。自分ごときで恐縮ですが、恋人やご家族とお過ごしの聖なる夜にお目汚しさせて頂きます。果たしてテレビに耐えうる技を持ち合わせているのか?写真ならまだしも動画として動く自分が映るのはケツの穴を見られるくらい恥ずかしいのですが、これも仕事だと言い聞かせやはり観てください!とお願い申し上げます。ちなみにランドセルがテーマとなっていますので、ラン活で悩むお知り合いがいましたらこっそり教えてあげて下さいね。#群馬テレビ#技に迫る#雨ザラシ工房#ランドセル#京都

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雨ザラシ工房のInstagramを更新しています。
ぜひフォローをお願いします!
・京都出張から3週間が経とうとしています。多くの方とお話しする機会を頂き、いろいろと学ぶ事がありました。一部の方には多大なご迷惑を掛けながらも故郷 群馬に戻ればやはり生きてゆかなければならないのですよ。・周りに迷惑を掛けなければ成立しない俺の人生。ならば俺は、自身に降りかかる困難や迷惑と思える事柄に腹を立ててはいけないし人を助けなければならないのです。・デパ地下のお土産売り場でレジトラブルが起き30分待たされ乗るはずの新幹線に乗れなくても、発注した道具を何回連絡しても忘れられ4ヶ月後に届いたとしても、工房に届くFAXの9割以上が全く必要のない営業だったたとしても、食事中にかます次男のおならが理不尽な程臭くても、俺は決して腹は立てない。・どういう訳か年配の方を手助けする事も多い。強風で垣根に倒れ込んでしまったおばあちゃんや、車椅子から離れ、公園のベンチ裏で倒れてしまったおじいちゃんにも手を貸すし、3秒に一歩しか進まないおばあちゃんを見つけて1.5キロ離れた自宅まで車で送り届けたりもする。いったいこのおばあちゃんは何時間かけてこのコンビニまで来たのだろうか?・ああ、愛しき人生。・そんな訳で情報解禁になったのでちょっとお知らせです。・Xmasの夜10時に群馬テレビさんにちょいと出演します。『技に迫る』という番組です。長寿番組の様で、県内で活躍されている職人さん達がこれまで多く出演されてきました。自分ごときで恐縮ですが、恋人やご家族とお過ごしの聖なる夜にお目汚しさせて頂きます。果たしてテレビに耐えうる技を持ち合わせているのか?写真ならまだしも動画として動く自分が映るのはケツの穴を見られるくらい恥ずかしいのですが、これも仕事だと言い聞かせやはり観てください!とお願い申し上げます。ちなみにランドセルがテーマとなっていますので、ラン活で悩むお知り合いがいましたらこっそり教えてあげて下さいね。#群馬テレビ#技に迫る#雨ザラシ工房#ランドセル#京都

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最新情報の購読はFacebookがオススメです

コメントを残す

*