取扱している革素材について

”革”

基本的にヌメ革を使用しています。
ヌメ革とは、植物から抽出されるタンニンによってなめされた革で、人工的な塗装などを加えていない、ナチュラルな革を指します。
しかし、タンニンで加工された革を総称して、ヌメ革とも呼びますので、雨ザラシ工房では、塗装されていてもヌメと呼んでいます。

”糸”

手縫いの場合、全て麻糸を使用しています。
糸の表面には蝋を塗った、いわゆるロウ引き糸です。
ロウを塗る事によって、縫い目が締まり、毛羽立ちも抑える事が出来ます。
またミシンによる縫製も行いなすが、こちらはビニモという丈夫な糸を使用しています。

”金属”

極力メッキ加工が施されていないものを使用しています。
鉄などのそのままでは赤錆が生じてしまうものには、黒染めという強制的に酸化させる化学反応を利用した方法で表面加工しています。
真鍮・銅などは、無垢のままでも使用が可能ですので、何も手を加えずに経年変化を楽しんで頂けるようにしています。